JRAのオッズと海外ブックメーカーの違い

オッズ

最近はJRAでも海外競馬の馬券が買えるようになりましたが、ブックメーカーで購入するときには払い戻しの考え方にJRAとは明確な違いがあるので注意が必要です。その違いとはJRAのオッズは投票率によって決まり、ブックメーカーは各社の予想担当者が独自に決めるということです。

JRAの場合、馬券購入が締め切られた時点で倍率が確定し、その倍率にしたがって払い戻し金額が決定します。ですから、的中した時にいくらの払い戻しがあるのかは購入した時点ではわかりません。例えば馬券購入時点では4倍であっても締め切り時点で2倍なら2倍の払い戻ししか受けることができません。逆に購入時点で2倍であっても確定倍率が4倍なら4倍の払い戻しを受けることができます。ところがブックメーカーの場合は購入した時点での倍率が採用されます。購入時の倍率が4倍なら払い戻しも必ず4倍になります。ブックメーカーのオッズも絶えず変動しますが、購入時に倍率が確定している分だけ期待値の計算がしやすいというメリットがあります。

また、JRAの場合はレース前に競走馬にトラブルが発生し出走取消になった時にはその競走馬絡みの馬券は購入者に返還されますが、ブックメーカーの場合は出走取消になったとしても返還されることはないということも違いの1つなので覚えておきましょう。

ブックメーカーは海外スポーツの予想に最適

スポーツ

ブックメーカーでは、海外のスポーツにもベットできるメリットがあります。最近では、日本人の野球選手がメジャーリーグで活躍したり、サッカー選手がヨーロッパのクラブチームで活躍するケースが増えています。また、日本調教馬が海外レースで優勝することもあります。こうした事情から、海外スポーツに詳しい人々もよく見られるようになりました。そして、海外スポーツの知識をお金に変える方法として、ブックメーカーを活用する方法があります。特に、海外競馬の予想には有利な方法と言われています。その1つの理由として、馬券を買うよりもオッズの決まり方が公正だからです。

馬券を購入する場合、パリミュチュエル方式によってオッズが決まります。これは、売上を一旦主催者が全て受け取り、そこから利益や経費を差し引いたうえで配当金を決める方法です。最終的なオッズは、馬券の発売が締め切られるレースの直前まで判明することはありません。

一方、ブックメーカーで採用されている方法はブックメーカー方式というもので、当選した場合、購入時点のオッズに基づいて配当を受け取ることができます。つまり、後者の方が自分でオッズを選択することができますし、透明性が高いということがわかります。そして、ブックメーカーを利用すると、海外競馬の配当を魅力的なオッズで受け取ることができるケースもしばしばあります。

馬